診療案内

プレママ歯科

妊活前に歯科検診を!
お母さんと生まれてくるお子さんのために
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌はいません。ではどうしてむし歯になるのか。それは赤ちゃんと接する大人からうつるといわれています。特に一番身近で接するお母さんが、お子さんにむし歯をうつす可能性が最も高いと言えます。
また、最近の研究では妊婦さんの歯周病が、早産、流産、低体重児のリスクを増大することがわかってきました。
安全な出産とお子さんの健康を守るために、婚活前や妊娠中に歯科検診を受け、むし歯や歯周病の治療・予防を行いましょう。

*

お母さんがむし歯だと、お子さんもむし歯リスクが高まります

*

母親にむし歯がある子どもと無い子どもを比べると、明らかに母親にむし歯がある子どもの方が、むし歯になる確率が高いことが報告されています。
「むし歯ゼロ」で生まれてきたお子さんの健康を維持するためにも、お母さんが妊娠中、妊娠前からお口を健康でキレイに保ち、しっかりとした治療と予防、お口のケアに取り組むことが大切です。

こまめなケアで、お口のトラブルを防ぎましょう
朝起きたらまずは歯磨き
起きてすぐの歯みがきは、寝ている間に繁殖したお口の中の細菌を退治して、口臭予防にも効果的です。もちろん起床後だけでなく、寝る前や食事の後の歯みがきも大切です。
こまめなうがいで予防ケア
つわりで辛い時、歯みがきをするのが難しい時は、こまめなうがいでお口の中を清潔に。フッ素入りの洗口剤はより効果的です。つわりが安定したら、いつも通りの歯みがきを心がけましょう。
*

妊娠中になりやすいお口の症状

妊娠性歯肉炎
ホルモンバランスの変化から妊娠初期に起こる場合が多く、一般的な歯肉炎と同様、痛みがないため症状に気付きにくく、進行させやすいという特徴があります。
*
妊娠性エプーリス
ホルモンの影響で歯茎がコブのように大きく膨らむことがあります。多くの場合は良性で、産後に自然と無くなることもありますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。
*
むし歯・歯周病
つわりにより十分に歯みがきができなかったり、嘔吐による胃酸で歯の表面が溶けてしまい、汚れが付着しやすくなることで、普段よりもむし歯や歯周病のリスクが高まります。

妊娠中に最適な治療時期とは

妊娠中の治療は安定期がベストです
妊娠したら必ず検診を受けていただきたいのですが、妊娠中に歯科治療を受けるには、時期を選ぶことが大切です。
むし歯や歯周病の治療、お口のクリーニングに適しているのは妊娠中期(安定期)です。妊娠後期に入るとお腹も大きくなり、診察台に横たわるだけでつらくなる方もいます。
また、出産後に行こうと思っていても、子育てで時間がとれない…ということもあるでしょう。
安定期に入ったら、痛みなどの症状が無くてもお口の中をチェックするためにも、ぜひ歯科医院へ足を運んでください。

虫歯の原因「歯質」「細菌」「糖分」

妊娠初期
妊娠4〜8週は、特に慎重に治療に当たり、12週まではできるだけ診査・治療計画とブラッシング指導にとどめています。歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状があれば応急処置を行いますが、安定期に入ってから適切な治療を行うようにします。
*
妊娠中期
妊娠中期に入ると、胎児は胎盤によって安定した状態(安定期)になりますので、通常の歯科治療、レントゲン撮影や投薬も可能です。胎児や母体への影響を考慮すると、比較的安定しているこの時期に治療を行うのが望ましいでしょう。
*
妊娠後期
妊娠後期になると、早産の危険などを避けるために応急的な処置にとどめます。また、仰向けで治療を受けるのも大変になりますので、治療が必要になった場合は出産後に改めて治療を再開します。

受診時について

来院時に母子手帳をご提示ください
産婦人科医から注意を受けていることがあれば、必ず担当歯科医師にお伝えください。
また、診察は楽な姿勢で受けられるよう配慮いたしますが、体調や気分が悪くなった場合は無理せずすぐにスタッフへお伝えください。

*

よくあるご質問

レントゲン撮影は赤ちゃんへの影響は大丈夫ですか?

歯科のレントゲン撮影は被ばく線量も少なく、お腹から離れているお口を焦点に行いますので、お母さまのお身体や赤ちゃんへの影響は少ないと考えられています。
また、撮影時には必ずX線を遮断する防護用エプロンを着けていただくため、お腹の赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

処方された薬は飲んでも大丈夫ですか?

妊婦さんに処方される薬品は安全性が高いと認められたものなので、ほとんど心配ありません。基本的に妊娠中は出来るだけお薬を控えるようにしますが、妊娠の時期、状態、体質等に合わせ、一番安全だと思われる薬を選んで処方します。

治療時の麻酔は赤ちゃんへの影響は大丈夫ですか?

歯科治療で行う麻酔は局所麻酔といって部分的なものなので、通常量の使用では母子ともに心配するような影響はありません。麻酔を使用せずに痛みを我慢することによるストレスの方が問題になることもありますので、痛みを感じる場合は遠慮なくお伝えください。

授乳中ですが母乳への影響は大丈夫ですか?

レントゲン撮影や麻酔治療など、通常の歯科治療で母体や母乳に影響を及ぼすことはほぼありません。それでも心配な場合は、麻酔後や服薬後は5時間ほどあけて、薬が体外へ排出されてから授乳することをお勧めします。

診療科目

  • 生涯自分の歯で過ごしたい!予防歯科
  • 生まれてくる赤ちゃんのために!プレママ歯科
  • 一般歯科
  • こども歯科
  • 矯正歯科
  • 精密義歯
  • ホワイトニング
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
問診票ダウンロード

来院時に受付へご提出ください

  • おとな用
  • こども用

*

世界基準の衛生管理で徹底した院内感染予防

  • お知らせ
  • 食育ルーム
  • まつやま歯科ブログ
  • スタッフ募集中
  • tel:0533568282
ページの先頭へ戻る